前へ
次へ

喪服がない場合の葬儀マナーをご紹介します

お通夜や告別式に参列するときに喪服がないと焦ってしまうことがあるかもしれません。基本的にお通夜や告別式には、喪服で足を運ぶことが葬儀マナーです。しかし、突然の訃報で喪服を用意する時間がなかった場合、平服で足を運んでも問題ありません。平服でお通夜や告別式に参加する際には、黒色で光沢のない服装を選ぶことが大切です。男性でも女性でも必ず黒色など地味な色を選ぶことで失礼にあたりません。学生の場際は、学生服を選んでお通夜や告別式に参列しているという方も多く見受けられます。学生服が黒色など地味な色であれば何の問題もありませんが、万が一、明るい色であっても学生服は正装として考えられているので葬儀マナーとして否定されることはありません。しかし、学生服でお通夜や告別式に足を運ぶのであれば、必ず身だしなみを整えて行くようにしましょう。スカートやズボンの丈が短すぎず、さらにワイシャツをきちんとズボンの中にしまうことも大切なマナーです。

Page Top