前へ
次へ

服装に関する葬儀マナーとは

お通夜に急に参列することになった場合、どのような服装で足を運ぶことが正解なのかご存知でしょうか。事前に正しい葬儀マナーを知っておくと直前で慌ててしまうこともありません。お通夜に参列する際に適した服装は、喪服を着用することが葬儀マナーの一つです。間違ってもカジュアルな服装で足を運ぶことはおすすめできません。また、光沢のある服装をお通夜に来ていくこともマナー違反となるので注意しましょう。男性は、黒色のスーツやフォーマルを選び、光沢がないものを選ぶことが最も正しいマナーです。ワイシャツは白無地で、ネクタイ黒色の無地のものを選びます。女性は、黒色のスーツを選ぶと安心です。しかし、この際に派手なデザインのスーツを選んでしまうことがないようにしなければいけません。アクセサリーは、イヤリングをすることは間違っており、真珠を身につけることが葬式マナーの一つとして知られています。この他にもバッグやストッキングなども黒色を選ぶようにしましょう。

Page Top