前へ
次へ

お悔やみの言葉を掛けるときの葬儀マナー

一般的な葬儀マナーでは、遺族にかける言葉にも気を付けるべきとされています。例えば「重ね重ね」や「たびたび」といった、同じ言葉が2度続く言い方は避けたほうがいいです。2度続くということが、不幸が連続して起こることを連想させてしまいます。同じ理由で、「もう一度」や「繰り返し」などもNGです。また直接的に物事を表す言葉も避け、遠回しな表現をするのがマナーです。例えば「死ぬ」という言葉は「ご逝去」または「ご不幸」と言い変えることになります。遺族は突然の不幸に心を痛め、葬儀では悲しみに打ちひしがれているはずです。参列者も同じ気持ちだと思われますが、葬儀では遺族の感情に配慮した言動をしましょう。死の間際の様子や死因などを詳しく尋ねたり、故人との思い出を語ったりするのは葬儀マナーに違反します。遺族への挨拶は型通りでも構わないので、お悔やみの言葉を端的に述べるにとどめてください。トーンを下げた小さな声で、ゆっくりめに言葉を掛けるのがマナーです。

Page Top