前へ
次へ

葬儀マナーとして知っておきたい弔問の時期

お通夜や告別式に参列する際に知っておくと安心の葬儀マナーがあります。地域や宗教などによって葬儀マナーには違いがありますが、事前に基本的なマナーを知っておくとマナー違反にあたることがなく、思わぬトラブルに見舞われてしまうこともありません。まず、弔問の適切な時期についてチェックしてみましょう。弔問の時期は、故人との関係性によっても違いがあります。たとえば親しい間柄の付き合いなのであれば、できるだけ早くお通夜に足を運ぶことが大切です。一方で遠方やあまり会うことのない親戚の場合、それぞれの関係や状況に合わせて弔問の時期を検討しても構いません。万が一、お通夜や告別式に参加できない場合は、後日お参りをするなど気遣いを忘れないようにしましょう。では、友人の場合はどうすることが正解なのかご存知でしょうか。親しい友人が亡くなった場合は、すぐに足を運びお通夜や告別式には必ず参列するようにすると心残りがありません。また、お手つだいすることがあるのであれば、積極的に手を貸すようにしましょう。

Page Top