前へ
次へ

アクセサリーの葬儀マナー

女性の場合、お葬式に参列する際にアクセサリーを身に着けていたとしても、葬儀マナーの違反にはなりません

more

お悔やみの言葉を掛けるときの葬儀マナー

一般的な葬儀マナーでは、遺族にかける言葉にも気を付けるべきとされています。例えば「重ね重ね」や「たび

more

参加する場合は葬儀マナーを覚えておこう

年齢を重ねるごとに参加することが多くなってしまう葬儀ですが、まだ今まで葬儀に参加したことがない人が何

more

葬儀マナーの中で特に知っておきたいお金の事

葬儀を行うに当たって、もしくは参列する際にも様々な葬儀マナーがありますが、お金にまつわるマナーに関して知りたいという人も多いと思います。お金に関するマナーを知る事は、参列者や世話をしてくれた人へ失礼にならないようにする事はもちろん、単純な葬儀費用や斎場料金以外にどんな費用がかかるのかという事で必要な経費を事前に用意するためにも必要不可欠です。まずは、自分が葬儀に参加する際の香典についての葬儀マナーです。香典については、故人と自分の関係性や香典を支払う側の立場等によっても相場が違ってきます。単純に言えば、自信と深い関係にあればあるほど、また自身の年齢が高くなるほど包むべき額は多くなります。例えば、自身が40代以降で両親の葬儀の場合には、10万円前後が適正額で、20代で会社の人の葬儀に行く場合には5千円程度といった感じです。また、そういった条件を問わず、あまり渡さない方が良い金額も存在します。4や9の付く数字は死や苦を連想させるため良しとされません。その他、お札を複数枚入れる際には、故人との関係が割り切れないようにするという意味から、奇数枚にする事もマナーの1つです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

自身が葬儀を開くという場合にも、お金に関する葬儀マナーが存在します。それが心付けというものになります。これは、葬儀会社や斎場に払うお金の他に、葬儀を行う際に手助けをしてくれた人たちに払うお金になります。これは義務という訳ではありませんが、様々な形で関わってくれた人に感謝の意を伝えるために必要とされています。一般的には、斎場のスタッフや霊柩車等の運転手、世話役をしてくれた近所の人等になります。この心付けを渡す対象になる相手は、地域によっても違うので分からない場合は葬儀社、もしくは世話役等の詳しい人と相談して、それらの人にまとめて渡しておくと良いでしょう。全国的な心付けのおおよその相場は、5千円〜1万円程度の所が多いようです。

Page Top